【熊本市救急告示病院】 内科・外科・整形外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・リハビリテーション科・放射線科

薬剤科

薬剤部のご紹介

薬剤科では、患者様にとって最も安全で効果的な薬物療法を
                  支援するために努めております。


【調剤業務】 

当院外来では、院外処方箋の発行を推進しております。
薬剤科では、入院患者様のお薬の調剤が主になります。医師が処方内容を電子カルテに入力すると薬剤科で
処方鑑査(患者様が安心して適正なお薬を服用していただけるよう、処方せんの内容について、
薬の名前、用量、服用あるいは使用方法、お薬の飲み合わせ、禁忌などを確認)しております。
その際、疑問点があれば医師へ確認を行います。

これらの処方箋に基づき、錠剤、散剤、水剤、外用剤をそれぞれ調剤します。また、患者様からの希望があれば、お薬を1回分ずつに分包した調剤も行っています。
その他に、胃瘻の患者様には簡易懸濁法を適応しています。簡易懸濁法とは、お薬が口からは飲めない患者様にチューブから薬を注入する際に用いられる方法です。

患者様ひとりひとりに対応することを心がけております。

【注射薬業務】

入院患者様に使用する注射薬は、内服薬と同様に、医師が処方内容を電子カルテに入力し、
薬剤師が注射処方箋を鑑査して、注射処方箋を出力します。
同時に注射ラベルも印刷されます。その後、患者ごと個別に取り揃えます。患者様ごとにセットし、
準備された注射薬を別の薬剤師が再び、鑑査し、各病棟に払い出しています。
その際、薬剤の適正使用、適正な投与期間、投与経路なども、監査しています。
疑問点があれば内服薬と同様に確認を行います。

また、医師や看護師への注射薬の適正使用に関する情報提供を行い、薬物療法の有効性、安全性の確保を図っています。



【医薬品の管理と供給】

病院内には、調剤用、処置用、消毒用、検査診断用といった様々なお薬がありますが薬剤科ではこれらのお薬の品質管理及び在庫管理を一元的に行っております。




BACKNUMBER

病院のご案内
LinkIcon詳しくはこちら


診療のご案内
LinkIcon詳しくはこちら


当院をご利用される方
LinkIcon詳しくはこちら


医療機関の方へ
LinkIcon詳しくはこちら